代替テキスト
SHAREPOP 編集部 SHAREPOP 編集部 Editor

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
コラム

吉野家×竹達彩奈さんから考えるマスターゲット企業のジレンマ解消

※画像は「吉野家×竹達彩奈「アタマの大盛」オリジナルCM」よりスクリーンショット
※本記事は2014年10月10日掲載「mushatter武士道ブログ」より再掲

声優の竹達彩奈さんが吉野家のWeb用オリジナルCM映像に出演し、10月8日に配信されました。すでに10月9日時点で70,000再生を超えています。

※画像は「吉野家×竹達彩奈「アタマの大盛」オリジナルCM」よりスクリーンショット

マスターゲット企業のジレンマ

声優さんやアニメを大手の企業が活用する際、企業のマーケターさんが気になるのはやはり費用対効果。

一部に熱狂的なファンがいる声優さんやアニメですが、マスマーケットを対象としている企業が使用するにはやはり規模の違い、ターゲットの違いがあります。

そのようなとき、無理にマス向けに行うのではなく、Web限定という手法を取ることで、ターゲットを絞ったコンテンツとして展開できると考えます。

私がサポートさせていただきました、クレアラシルさんの事例でも、「カゲロウプロジェクト」という中高生に人気の作品とのコラボレーションを行いましたが、デジタルにのみフォーカスしてマーケティングすることで、確実にターゲットに届け、実績を出すことができました。

ソーシャルメディアから考えるプロモーション効果

ちなみに、今回の「吉野家×竹達彩奈さん」がWebでどのような影響を及ぼしているのか、Twitterの話題数を「Yahoo!リアルタイムサーチ」で見てみると、

吉野家というキーワード自体は通常より1,000件程度増えており、

竹達さんの話題も2,000件程度増えており、

吉野家と竹達さんを合わせたキーワードも1,482件発生しています。

このような、ターゲットを絞ってWeb限定でしっかりと話題を形成していくプロモーションにおいて、タレントに代わる存在として声優やアニメを戦略的に起用していくのは、これからの企業マーケティングにおいて有用ではないかと感じました。

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

2019夏アニメ「第1話放送」というお祭りは、如何にして作られたか。

今年の夏アニメも第一話が続々と放送され、各所でさまざまな話題を巻き起こしています。 筆者としては「ラブライブ!」や「宇宙よりも遠い場所」でシリーズ構成、脚本をてがけた花田十輝さんが"魔法少女×ロボットアニメ"を描く「グランベルム」や、 なかやまきんに君をはじめ…

Read more >
コラム

祝!「ぐみのうた」配信開始!東雲めぐちゃんとグミの日のあゆみ

弊社シェアコトが年に一度企画をお手伝いしている「グミの日」のテーマソングとして、バーチャルSHOWROOMER東雲めぐさんに歌っていただいた「ぐみのうた」が6月24日に配信開始されました。 昨年の「グミの日」に合わせて制作していただいた「ぐみのうた」は、「グミの日」を盛り上げる応…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる
ポップカルチャーのマーケティング情報をお届け!