SHAREPOP 編集部 SHAREPOP 編集部 Editor

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
データ

【SNSレポート】2月の総括:『ゆるキャン△』、じわじわ来てます。

2018年冬に放送中の今期アニメ作品は、2月はソーシャルメディア上でどのくらい反響を得ているのか、

・各アニメのソーシャルメディア上の話題数
・各アニメ公式Twitterアカウントのフォロワー純増数

を調査し、グラフにしました。
※本記事における「ソーシャルメディア上の話題数」とは、Twitter上で特定のワードを含んだつぶやきの件数をあらわします。

2018年冬アニメ話題数(2018年2月1日~2月19日)

1月に続き「ポプテピピック」はダントツの話題数となり、期間内で約77万件でした。前月のおおよそ半分ですが、それでも高い数字です。

「ポプテピピック」の次には「ゆるキャン」→「アイナナ」→「銀魂」の順で続きました。

1月は話題数が4位だった「ゆるキャン」が今回2位に踊り出てきて、今後も見逃せない動きを見せています。

 

2月のフォロワー純増数も『ポプテピピック』と思いきや!?

次に、各アニメ公式Twitterアカウントのフォロワーが期間内だけでどれくらい増えたか見ていきましょう。集計期間は2018年2月1日~2月20日です。

1位 「ダーリン・イン・ザ・フランキス」 15,355
2位 「アニメ「ポプテピピック」公式」13,123
3位 「TVアニメ「ゆるキャン△」公式」11,582

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は、『To LOVEる-とらぶる-』などで有名な漫画家・矢吹健太朗によって漫画化されたり、オープニング主題歌に中島美嘉を起用していたりといるアニメです。

覇者『ポプテピピック』の水面下で動きを見せる『ゆるキャン△』『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。来月は一体どのような数値が出るのでしょうか。そして『ポプテピピック』は逃げ切れるのでしょうか。

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

輝夜月のライブはどうしてカッコイイのか? ~「輝夜月」と「KAGUYA LUNA」の違い~

輝夜月(かぐやるな)さんはご存じでしょうか?誤解を恐れずに言うと、「圧倒的ナンバー2バーチャルYouTuber」と思われていると思います。さて、そんな輝夜月さんはきたる2018年8月31日(金)に初のワンマンライブを行います。会場は「仮想スペース『Zepp VR』」。この会場のバ…

Read more >
データ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のサプライズ予告で増えた新しいエヴァファンとは? 企業が備えるプロモーションのポイント

待ちに待った『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が2020年に公開すると発表されましたね。となるとやはり企業様も俄かに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とのタイアップを考え始めているのではないでしょうか?

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる