SHAREPOP 編集部 SHAREPOP 編集部 Editor

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
データ

【SNSレポート】2月の総括:『ゆるキャン△』、じわじわ来てます。

2018年冬に放送中の今期アニメ作品は、2月はソーシャルメディア上でどのくらい反響を得ているのか、

・各アニメのソーシャルメディア上の話題数
・各アニメ公式Twitterアカウントのフォロワー純増数

を調査し、グラフにしました。
※本記事における「ソーシャルメディア上の話題数」とは、Twitter上で特定のワードを含んだつぶやきの件数をあらわします。

2018年冬アニメ話題数(2018年2月1日~2月19日)

1月に続き「ポプテピピック」はダントツの話題数となり、期間内で約77万件でした。前月のおおよそ半分ですが、それでも高い数字です。

「ポプテピピック」の次には「ゆるキャン」→「アイナナ」→「銀魂」の順で続きました。

1月は話題数が4位だった「ゆるキャン」が今回2位に踊り出てきて、今後も見逃せない動きを見せています。

 

2月のフォロワー純増数も『ポプテピピック』と思いきや!?

次に、各アニメ公式Twitterアカウントのフォロワーが期間内だけでどれくらい増えたか見ていきましょう。集計期間は2018年2月1日~2月20日です。

1位 「ダーリン・イン・ザ・フランキス」 15,355
2位 「アニメ「ポプテピピック」公式」13,123
3位 「TVアニメ「ゆるキャン△」公式」11,582

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は、『To LOVEる-とらぶる-』などで有名な漫画家・矢吹健太朗によって漫画化されたり、オープニング主題歌に中島美嘉を起用していたりといるアニメです。

覇者『ポプテピピック』の水面下で動きを見せる『ゆるキャン△』『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。来月は一体どのような数値が出るのでしょうか。そして『ポプテピピック』は逃げ切れるのでしょうか。

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

生首なのか…?ガンダムなのか…? 斗和キセキの異常なエンゲージメント性の秘密──

斗和キセキさんはデビュー時から大きな話題を巻き起こしてきた人気VTuberの一人で、SHAREPOPでは以前にも彼女が行ったクラウドファンディングについて取り上げていました。 達成率は10,000%を越え、1,400万円以上を集める歴史的な大成功でさらに知名度を高めた斗和キセキさ…

Read more >
コラム

2019夏アニメ「第1話放送」というお祭りは、如何にして作られたか。

今年の夏アニメも第一話が続々と放送され、各所でさまざまな話題を巻き起こしています。 筆者としては「ラブライブ!」や「宇宙よりも遠い場所」でシリーズ構成、脚本をてがけた花田十輝さんが"魔法少女×ロボットアニメ"を描く「グランベルム」や、 なかやまきんに君をはじめ…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる
ポップカルチャーのマーケティング情報をお届け!