武者慶佑 武者慶佑 Editor

プランナー。アニメ・声優中心のカルチャー領域に特化してやってます。/SNS・コンテンツマーケティング/sharecoto CO., LTD./日本グミ協会会長/グミとコーヒーと中野。
https://twitter.com/mushatter

プランナー。アニメ・声優中心のカルチャー領域に特化してやってます。/SNS・コンテンツマーケティング/sharecoto CO.… さらに表示する

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
コラム

Indeedに学ぶONEPIECEコラボ設計の正しさ

お正月はテレビCMが面白い。
お正月のCMと言えば、車やビールに加え、最近はソシャゲや、アプリなどのCMが多いですよね。そして後者はつくづくSNSを前提にしたCMが多いなと思っています。

そんなSNSを踏まえたCMの中で個人的に秀逸だったのはIndeedのONEPIECEのCMです。

コアファンをつかむ構造

全体構造としてはワンピースの世界観を踏まえ、仲間集めをしており、実際にIndeed内での検索でキャラクターごとに仕事を募集しています。

※サンジレシピ開発で検索するとこんな感じです

そもそも麦わらの一味が仲間を集めるといった作品に沿ったコンテクストを踏襲しており、
さらにWEBで見ることができる号外新聞もONEPIECEの世界で実際に出てくる内容や、ちゃんとニュース・クーになってたりと。僕のようなコアなONEPIECEファンは隅々まで楽しむことができます。

認知と熱量は違う。大切なのはONEPIECEでライトにバズるかどうか

ただ、僕のようなONEPIECEコアファンは、ぶっちゃけどんなコラボでもある程度はついてくると思いますし、WEBも見て、号外新聞も印刷しちゃうくらいには反応します。今回、僕がIndeedの企画を通して正しいと思ったのは、細部のコアファン向けのコンテクストではありません。

ONEPIECEでちゃんとバズらせることができていることにその本質があると思っています。

以下、「ワンピース」を含むTwitterの話題数なのですが、通常時で約10,000件の話題が出ており、アニメ放送時、ジャンプ発売時に15,000件、30,000件を超える大きな山が発生しているときは映画の発表や、スペシャルアニメ放送時、単行本発売時など、原作が大きく動いたときに発生するのです。

ただし、この30,000件の話題数というのは、深夜帯の人気アニメの数字に比べると決して高いわけではないのです。もちろん低いというわけでもない。例えば2018年10月クールの人気アニメ「ゾンビランドサガ)や「SSSグリッドマン」と比較した数字が以下です。

※12月23日にワンピースが高くなっているのは有馬記念のブラストワンピースの影響です

しかし、ONEPIECEの認知度は、もちろん「ゾンビランドサガ」や「SSSグリッドマン」より高く、国民のほぼすべて、なんなら世界レベルで圧倒的ですよね?

つまり、何が言いたいかと言いますと、ONEPIECEは認知度こそ世界レベルですが、熱量という点では、深夜帯の期間を絞った熱量よりは低いのです。これが、小見出しにも書いた、認知と熱量の違いです。僕たちがバズという場合、一般的には熱量を指します。

ONEPIECEのコラボでバズらせる第三要素

さて話を戻しまして、IndeedのONEPIECEコラボがなぜ素晴らしいと思ったのかと言いますと、以下、2018年でONEPIECE公式からツイートされた「コラボ」を含むツイートのうち、RTが多かったものを抜粋したのでご覧ください。

何か見出せましたでしょうか?

僕的に、ここから見いだせる傾向として、「杉田智和」「安室奈美恵」「佐藤大輔」「GReeeeN」「小池徹平」「カナヘイ」といった第三要素としてのタレントのバズが入っている傾向が強いのではないでしょうか。

つまり、ONEPIECEでバズらせるには、バズのフックとなる第三要素の追加(タレントなど)が必要であると考えます。

その上で、Indeedのコラボを見てみましょう。「Indeed」を含むTwitterの話題数、「Indeed ワンピース」を含むTwitterの話題数はもちろんのこと、CMを通してONEPIECEのキャラクターの実写化で起用されているタレント名がCMのフックになっていることがわかります。
※斎藤工さんは、めざましテレビ時とシンゴジラ時に話題が増えています

特に、泉里香さんはバキバキに作ってきた腹筋とそのコスチュームからナミとの相性ばっちりで、絵映えもするのでメディアも大きく取り上げ、話題数が最も高くなっています。

ONEPIECEアニメ化20周年に向けて

2019年はONEPIECEのアニメ化20周年です。その1発目?のコラボ企画であるIndeedのCMがONEPIECEのバズのセオリーを思いっきり踏襲している。この点、非常に良くできたものであるなと思いました。
もちろん、タレントパワーだけでなく、僕のようなONEPIECEコアファンが反応するしっかりと作品のコンテクストと世界観を踏襲した企画の細部は重要です。あくまでタレントさんはフックです。

ONEPIECE 20周年を応援する一人のファンとして、一人のプロモーションプランナーとして、大きな作品とのコラボをする上での素晴らしい事例だなと思ったため、書かせていただきました。

今後大きな作品とコラボをする場合は、その認知と熱量をしっかりと分析し、何が最も作品とコラボする上でバズのフックとなるのかを見極めて企画を作る必要があると考えます。

コンテンツの熱量と企業プロモーション

お問合せ

SHAREPOPでは、コンテンツ×企業プロモーションにおけるリサーチ・プランニングを行っています。

➡制作実績はこちら
➡お問合せはこちら

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

企業VTuberが成功する為には?茨ひよりと燦鳥ノムから企業のコンテンツプロデュースを考える

VTuberブームに伴って数を増やした大企業や地方自治体によるVTuberプロデュースへの進出。ムーブメント全体からすれば後発ながらしっかりとポジションを確立したサントリーの燦鳥ノムさんと茨城県の茨ひよりさん。両者のプロデュース施策を考察すると共に、企業のコンテンツプロデュースを…

Read more >
コラム

アニメ「鬼滅の刃」が2週連続ミニシアターランキング1位になった理由

以前、2019年春アニメの1話は「鬼滅の刃」(以下鬼滅)が1番Twitterで話題になったことをお伝えしましたが、特別上映版が2週連続でミニシアターランキング1位を獲得しました。 どのようにして動員数を増やしたのでしょうか。今回は、鬼滅で見られたプロモーション施策の中でも劇場プロ…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる