SHAREPOP 編集部 SHAREPOP 編集部 Editor

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
コラム

こんな業種も?!アニメコラボ事例 3選 ~深夜アニメ「はたらく細胞」の場合~

TVアニメ「はたらく細胞」は、2018年7月から9月に放送された深夜アニメで、同時期に放送されていたアニメの中で1番話題になっていた作品です。

様々な業界、企業とコラボした作品ですが、今回はゲームや電車、カフェや聖地等のよくあるコラボ以外の、ちょっと珍しいコラボレーション事例を紹介します。

はたらく細胞ぱーく in ラグーナテンボス


こちらは遊園地とコラボした例です。コラボ期間である2019年1月6日~5月6日は、一部の装飾やフードに作品のモチーフを使用しています。さらに「はたらく細胞」のモチーフやストーリーを使用した園内ラリーや限定グッズも用意されています。

はたらく細胞×はなの舞 コラボ


こちらは居酒屋とコラボした例です。お通しを、食品かコラボコミックかのどちらかを選ぶことができるという内容となっています。

 日本赤十字社✕アニメ「はたらく細胞」コラボキャンペーン


こちらは、献血とコラボした例です。
献血をすると「はたらく細胞」のコラボグッズが貰えるキャンペーンとなっています。
日本赤十字社はアニメやマンガとコラボした献血キャンペーンを度々行っていますが、その中でも「はたらく細胞」関係のコラボキャンペーンは合計3回も行っています。
作中で輸血が重要な役割を持つエピソードがあり、作品内容と事業内容がぴったり合っている事例と言えます。

コンテンツの熱量と企業プロモーション

お問合せ

SHAREPOPでは、コンテンツ×企業プロモーションにおけるリサーチ・プランニングを行っています。

➡制作実績はこちら
➡お問合せはこちら

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

企業VTuberが成功する為には?茨ひよりと燦鳥ノムから企業のコンテンツプロデュースを考える

VTuberブームに伴って数を増やした大企業や地方自治体によるVTuberプロデュースへの進出。ムーブメント全体からすれば後発ながらしっかりとポジションを確立したサントリーの燦鳥ノムさんと茨城県の茨ひよりさん。両者のプロデュース施策を考察すると共に、企業のコンテンツプロデュースを…

Read more >
コラム

アニメ「鬼滅の刃」が2週連続ミニシアターランキング1位になった理由

以前、2019年春アニメの1話は「鬼滅の刃」(以下鬼滅)が1番Twitterで話題になったことをお伝えしましたが、特別上映版が2週連続でミニシアターランキング1位を獲得しました。 どのようにして動員数を増やしたのでしょうか。今回は、鬼滅で見られたプロモーション施策の中でも劇場プロ…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる