小熊史也 小熊史也 Editor

メールマガジン「週刊SHAREPOP」編集長

バーチャルYouTuberへの造詣が深く、輝夜月世界初インタビューの企画執筆を担当して以降、キズナアイ,ミライアカリ,月ノ美兎などへのインタビュー、各種イベントレポート、考察記事などを手がける。
https://twitter.com/oresamax

メールマガジン「週刊SHAREPOP」編集長
バーチャルYouTuberへの造詣が深く、輝夜月世界初インタビューの企画執筆を担当… さらに表示する

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
コラム

アイちゃんが全国のスーパーに!「チーズおかき×キズナアイ」

2月5日から全国のお菓子売り場などにキズナアイさんの姿が現れているのをご覧になりましたか?

「チーズおかき×キズナアイ」のキャンペーン商品として、コラボパッケージのチーズおかきが発売されているのです。食品とバーチャルYouTuberのコラボはこれまでもあったものの、一般の売り場にコラボパッケージが並ぶのは初なのではないでしょうか。

このコラボは去年の8月からスタートしており、2019年3月にも更なる展開を予定しているキャンペーンになります。今回はそんな「チーズおかき×キズナアイ」という大型コラボの展開についてまとめます。

半年以上の大型プロジェクト

「チーズおかき×キズナアイ」のコラボは2018年8月のコラボ動画の投稿からスタートしています。チーズおかきを宣伝してほしいと依頼されたキズナアイさんでしたが、バーチャル空間に送られてきたチーズおかきは3Dモデルの為食べられず、よくある食レポのような宣伝の仕方ができません。そこで「#チーズおかきインスタ映え選手権」を企画、特設キャンペーンサイトでチーズおかきの3Dモデルを配布し、チーズおかきを使ったインスタ映え写真を募りました。

優秀作品の投稿者にはチーズおかき詰め合わせがプレゼントされるというキャンペーンで、2018年9月30日に終了。結果はキャンペーンサイトに載っていますが、工夫を凝らした作品が投稿されていたのがわかります。

2018年11月にはクリアファイルのプレゼントキャンペーンも展開。関連商品を購入するとコラボしたデザインのクリアファイルが貰えるというもので、形式としてはスタンダードですが、全国のイオンで展開されていたというのはバーチャルYouTuber全体にとっても意義深いことだと言えるでしょう。

アイちゃんが全国のスーパーに

2019年1月にはコラボパッケージのチーズおかきをブルボンオンラインストアで販売開始。そしてきたる2月5日には全国での一般販売がスタートしました。個包装のパッケージもコラボビジュアルになっており、Twitterではファンによる購入報告も見られました。

Twitterでの「チーズおかき」と「キズナアイ チーズおかき」の話題数を見てみると、「チーズおかき」は40から100というラインで推移していますが、コラボパッケージの発売により「キズナアイ チーズおかき」の話題数が増加。ピーク時には40にまでのぼり、「チーズおかき」の話題数のうち40%を占める状況が生まれていました。

全体の数で言えば爆発的な増加が見られるわけではないものの、コラボによる反響はしっかり現れていると言えます。

バーチャルYouTuberと食品のコラボといえば昨年末の輝夜月さんと日清どん兵衛のものや、月ノ美兎さんと水戸納豆のコラボなどがありましたが、今回のコラボではコラボパッケージとしてキャラクターのビジュアルが大きく写った商品が全国で販売されるという今までにないコラボとなっています。

#チーズおかきインスタ映え選手権もよくあるインスタ活用プロモーションのように見えて、3Dモデルを配布することによって一味違った企画として成立していますし、ユーザー参加型としてバーチャルYouTuberとの相性も良いものとなっているなど、ただバーチャルYouTuberを看板に使うだけではなく、その特性を理解した丁寧な展開が行われているのも素晴らしいです。

これまでも報道番組への出演などバーチャルYouTuber界のトップランナーとして、一般への認知拡大に努めてきたキズナアイさんですが、今回のコラボパッケージ商品の販売によって、さらに広く知られることに期待も出来ます。

3月にも新たな展開が用意されているということで今度はどんな企画が行われるのか楽しみです。
やがてはこうした全国で展開されるようなコラボが一般的になるのかもしれません。次は誰の姿をスーパーで見れるようになるのでしょうか?

バーチャルYouTuberコラボに関する記事はこちら

お問合せ

SHAREPOPではバーチャルYouTuberに関するリサーチ・PRプランニングを承っています

➡お問合せはこちら

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

企業VTuberが成功する為には?茨ひよりと燦鳥ノムから企業のコンテンツプロデュースを考える

VTuberブームに伴って数を増やした大企業や地方自治体によるVTuberプロデュースへの進出。ムーブメント全体からすれば後発ながらしっかりとポジションを確立したサントリーの燦鳥ノムさんと茨城県の茨ひよりさん。両者のプロデュース施策を考察すると共に、企業のコンテンツプロデュースを…

Read more >
コラム

アニメ「鬼滅の刃」が2週連続ミニシアターランキング1位になった理由

以前、2019年春アニメの1話は「鬼滅の刃」(以下鬼滅)が1番Twitterで話題になったことをお伝えしましたが、特別上映版が2週連続でミニシアターランキング1位を獲得しました。 どのようにして動員数を増やしたのでしょうか。今回は、鬼滅で見られたプロモーション施策の中でも劇場プロ…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる