SHAREPOP 編集部 SHAREPOP 編集部 Editor

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
コラム

藍井エイル、「光」と「数字」の胎動と呼応。

―――「BLUE IS BACK」

2/8(木)深夜、活動休止中だった藍井エイルさんの公式サイトが突然、活動再開を発表しました。

2月はじめから動き出した「青い光」

2016年11月の武道館公演を持って無期限活動休止としていた藍井エイルさん。

その後、公式サイト・Twitterの更新はほぼないままでしたが、2/1深夜1時23分に公式Twitterが更新。

時を同じくしてプロフィール画像とカバー画像も真っ青に変化し、公式サイトには青い小さな光が現れました。

その光は日を増すごとに大きくなり、とファンの間でも話題となりました。


ツイート削除後のTwitterプロフィール画面

2/3(土)の公式サイトの青い光。何かを示しているように思える・・・?

2/7(水)の公式サイトの青い光。光は確実に大きくなっている。

いつ訪れるかわからないその時を期待する、ファンのTwitterでの動き

青い光が現れだした2月はじめより、ツイートの波が出来だして最終的には400件となりました。

公式サイトの動きとも連動してるように思えます。

そして、活動再開を発表した日のこの数字・・・!

Twitterのトレンドは1位となりました。

気持ちが先か戦略が先か

Twitterで復活を仕掛けたのか、それとも復活を喜ぶファンがTwitterに現れたのか。

SHAREPOPとしては、前者といいたいところですが、実のところ、そんなことはどっちでもいいと思います。ファンは必ず帰ってきてくれると信じて待っていました。

Twitterの動きはそれを如実に表している結果論にすぎません。アーティストのファンはいつも待っています。ファンの気持ちは戦略を超えます。

NEWシングル「約束」

ミュージックビデオには、この月日の流れを表すかのような歌詞とメロディ、そして藍井エイルさんがそこにいます。

歌詞の言葉、ひとつひとつが胸に刺さるのは、きっとファンとエイルさんの間にあった信頼という名の「約束」があったからでしょう。

新たな一歩を踏み出した、藍井エイルさんから今後も目が離せません!!

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

企業VTuberが成功する為には?茨ひよりと燦鳥ノムから企業のコンテンツプロデュースを考える

VTuberブームに伴って数を増やした大企業や地方自治体によるVTuberプロデュースへの進出。ムーブメント全体からすれば後発ながらしっかりとポジションを確立したサントリーの燦鳥ノムさんと茨城県の茨ひよりさん。両者のプロデュース施策を考察すると共に、企業のコンテンツプロデュースを…

Read more >
コラム

アニメ「鬼滅の刃」が2週連続ミニシアターランキング1位になった理由

以前、2019年春アニメの1話は「鬼滅の刃」(以下鬼滅)が1番Twitterで話題になったことをお伝えしましたが、特別上映版が2週連続でミニシアターランキング1位を獲得しました。 どのようにして動員数を増やしたのでしょうか。今回は、鬼滅で見られたプロモーション施策の中でも劇場プロ…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる