SHAREPOP 編集部 SHAREPOP 編集部 Editor

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

SHAREPOPでは企業のマーケティング活動に対して、ポップカルチャーをソリューションとして考えサポートをしていきます。

お問い合わせはこちら
記事を書いた人
コラム

【2019年冬アニメ】「チカダンス」で注目の「かぐや様」、そのファンは?

(アイキャッチ画像は公式Twitterアカウント「TVアニメ『かぐや様は告らせたい』公式@毎週土曜放送&月曜配信中! 」より)

2月5日に配信したメールマガジン「週刊SHAREPOP」で、今期アニメの中で放送後に最もフォロワーが増加している作品として『かぐや様は告らせたい』を紹介しました。

その後の第4話放送後の1/13から2/7のフォロワー増加数をみても、その勢いは衰えていません。むしろ“放送後にフォロワーが伸びた第3話”に対して、放送日当日に増加したことから、口コミのタイムラグがなくなり、より作品自体に注目が集まっていると考えられます。

 

一気に今期の人気アニメに踊りでた『かぐや様は告らせたい』。では、どのような人達がこの作品を楽しんでいるのか、公式Twitterアカウント「TVアニメ『かぐや様は告らせたい』公式@毎週土曜放送&月曜配信中! 」のフォロワーを調査してみました。

「かぐや様」を見ているのはどんな人?

他にフォローしているアカウント

以下は、『かぐや様は告らせたい』のフォロワーが、「他にフォローしているTwitterアカウント」です。

原作・原作者アカウントが上位にきていることはもちろんですが、「五等分の花嫁」「ドメスティックな彼女」などのアカウントが多く表れており、いわゆる「深夜アニメファン」に支持されていることがわかります。

特に、「ゆらぎ荘の幽奈さん」「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」など、前期・前々期の同枠の作品(TOKYO MX 土曜日23:30~)があり、“枠に対してついているファン”というファンも一定数いることが推察されます。

プロフィールにおける頻出単語

次に、フォロワーのユーザー名とプロフィールに頻出する単語を調べてみます。

注目したいのは、「推す」というワードとともに、アイドルそのものやアイドルゲーム、また声優などのワードが入っていることです。このことから、アイドルなど人物・キャラクターに対して、ファン(推し)であることを自認し熱量を注ぐユーザーが多いことがわかります。

こうしたファンは作品のストーリーよりも”キャラ”を重視し、独自のコミュニティを形成しながらグッズなどの消費行動が活発な「狭く深い」層です。いわゆるアニメファンという言葉で括ってしまうのは簡単ですが、アニメファンの多様化も進む中、こうした傾向からグッズ・イベント・タイアップなどのスピンアウト展開を考えていくことが重要と考えます。

 

アニメのSNSに関する記事はこちら

SHAREPOPでは、アニメなどのコンテンツのSNS分析・プランニングを承っております。

➡お問合せはこちら

 

SHAREPOP LAB

そのほかの記事

コラム

2019夏アニメ「第1話放送」というお祭りは、如何にして作られたか。

今年の夏アニメも第一話が続々と放送され、各所でさまざまな話題を巻き起こしています。 筆者としては「ラブライブ!」や「宇宙よりも遠い場所」でシリーズ構成、脚本をてがけた花田十輝さんが"魔法少女×ロボットアニメ"を描く「グランベルム」や、 なかやまきんに君をはじめ…

Read more >
コラム

祝!「ぐみのうた」配信開始!東雲めぐちゃんとグミの日のあゆみ

弊社シェアコトが年に一度企画をお手伝いしている「グミの日」のテーマソングとして、バーチャルSHOWROOMER東雲めぐさんに歌っていただいた「ぐみのうた」が6月24日に配信開始されました。 昨年の「グミの日」に合わせて制作していただいた「ぐみのうた」は、「グミの日」を盛り上げる応…

Read more >
一覧で見る

Contact

「SHAREPOP」では、企業様のマーケティングに関するご相談・ご質問を承っております。お気軽にご連絡ください

問い合わせる
ポップカルチャーのマーケティング情報をお届け!